奈良県議会議員 山下 力
トップページ
プロフィール
メッセージ
活動レポート
Rikky's Diary
山下 力の日記
【バックナンバー】
2006年09月14日
久しぶりの北京へ

 9月10日から3日間、県連事務局メンバーと中国は北京に行ってきました。北京はおおよそ15年ぶりになるでしょうか。変わっていました。まず自転車の洪水が見られません。どこに消えたというのでしょうか。自動車に乗り換えたという地元旅行社の核さんの説明に納得できません。地下鉄もできているようですが、まだ路線も少ないようです。きっと、自動車があまり通らない道路を通勤等に使い、そこでは旧来のダイナミックなチャリンコ隊が健在であるに違いありません。残念ながら、今回の日程ではそこまでは確かめることができませんでした。 
 中心街の道路網の整備と高層ビルの乱立は想像以上のものでありました。しかし、王府井大街の裏手にある旧来の民家はほとんど手付かずのままに残っていました。多分、住民の、とりわけ中高年齢層の人々の抵抗が根強いのではないかと思います。郊外の高層住宅に移住しているのは若いカップルが中心でしょう。2008年の北京オリンピックのために競技場、道路網の整備や幹線道路の周辺整備がやっという状況は、東京オリンピックの際の東京とそっくりだと思いかえし、懐かしい思いがしました。
 食いしん坊の私にとって残念であったのは、正直、食い物がまずくなっていたことです。われわれの手持ち予算が潤沢でなかったせいにしてほしくありません。おおよそ20数年前、北京で一・ニを争う北京ダックの名店で何度か食べたダックも、旧北京大学の近くの学生が通う食堂等で食べたダックもほんとうに美味しかったんです。だから私は誰にでも「北京に行ったらペキンダックを召し上がれ」と薦めてきたのですが、もう止めることにしました。「い和園」や「故宮博物院」の修理のための立ち入り禁止場所の多さも不満でありましたが、食い物の恨みほどではありません。ああ、北京ダックよ、どこへ。

次の日記へ 前の日記へ