奈良県議会議員 山下 力
トップページ
プロフィール
メッセージ
活動レポート
Rikky's Diary
山下 力 の 活動レポート
【バックナンバー】
「構想」で磯城郡三町は天理市との合併へ 2006年04月21日

県の「市町村合併推進構想」の基本は、@人口一万人未満の市町村の解消
A新たな市政施行 B人口10万人程度以上の市勢拡大という三つの視点の組み合わせにあります。これに基づき設定された「組み合わせ」は9つであり「組み合わせ2、天理市・川西町・三宅町・田原本町(人口121,117人)」はこれまでの広域行政の経緯等に照らして妥当なものではないでしょうか。

さきの桜井市との合併協議が破綻しました。磯城郡三町の小・中学校の耐震診断によるとほとんどの校舎で補強措置が必要です。例えば、三宅小学校は、約12億円の耐震補強を迫られています。合併旧法に基づいて事業ができていれば町の実質負担が約2・7億円で済んだものを通常の義務教育施設整備事業債を充当した場合、約8億円もかかるのです。

また、田原本町の駅前再開発事業の場合でも、合併特例債を使っていたら「街路整備事業」で約5億円で済んだはずの町の実質負担額が、一般公共事業債では約13億円になり、「組合施行再開発ビル建設事業」でも約1億円の町実質負担が約5億円になることを町民のみなさんはご存じでしょうか。

山下力県議はこの際、磯城郡三町の住民のみなさん呼びかけて、改めて「合併問題を考える会」を結成したいと決意しています。近々ご案内しますのでよろしくお願いしておきます。

次のレポートへ 前のレポートへ